第2回 フォルテピアノ・アカデミー SACLA

小倉貴久子プロデュース

2019年7月13日(土)〜15日(月・祝)

〜フォルテピアノにどっぷり浸る3日間〜 

日本を代表するフォルテピアノ奏者小倉貴久子がプロデュースするフォルテピアノ・アカデミー!

様々な種類の打弦鍵盤楽器が勢ぞろい!

レッスン、コンサート、ワークショップ、個人練習、体験コーナーも充実!

News:第2回フォルテピアノ・アカデミーの〈全日程受講生〉は定員に達しましたので募集を終了しました。聴講生・体験コーナー(14日については定員いっぱいとなり募集を終了しています)については引き続き申し込みを受け付けております。現時点での体験コーナーの空きは13日4名、15日3名となります。「体験コーナーなしの聴講生」については定員はございません。

第2回フォルテピアノ・アカデミーSACLAの紹介動画をこちらでご覧いただけます。

日本経済新聞2019年5月16日朝刊の文化欄に小倉貴久子の寄稿文が掲載されました。

アカデミー受講生

聴講生(体験コーナー)

プロデューサー:小倉貴久子

小倉貴久子からのメッセージとプロフィールを紹介します!


フォルテピアノたち

コンサート

申し込みフォーム

アクセス(会場)


第1回アカデミー報告


News

〈全日程受講生〉は定員に達しましたので募集を終了しました。

聴講生対象の「体験コーナー」、14日については定員いっぱいとなり募集を終了しました。体験コーナーの空きは13日はあと3名、15日もあと3名になります。「体験コーナーなしの聴講生」については定員はございません。

日本経済新聞2019年5月16日朝刊の文化欄に小倉貴久子の寄稿文が掲載されました。

 

小倉貴久子がプロデュースするフォルテピアノ・アカデミー SACLA、さらに多彩になり第2回が開催されます!

今回もフォルテピアノ製作者の太田垣至さんの全面協賛のもと、「ヴァルター」、「デュルケン」の5オクターブのフォルテピアノ、「クラヴィコード」と「スクエアピアノ」、そしてプレイエルの「ピアニーノ」を会場に運び込みます。

そして久保田チェンバロ工房からは今年も「クリストーフォリ」と「タンゲンテンフリューゲル」、そして幻の復元楽器「クラヴィシンバルム」をお持ちいただきます。

受講生への3日間にわたるレッスンに加え、小倉貴久子の演奏する【オープニング・コンサート】、打弦鍵盤楽器のルーツを探る【ピアノの祖先コンサート】、チェロ奏者の鈴木秀美を迎え、お話しとともにお届けする【ベートーヴェンコンサート】と興味深いコンサートの数々。

今年はさらに、小中学生のためのワークショップの時間を設けました。多くの子供たちにフォルテピアノに触れてもらいたいと考えています。

これだけのフォルテピアノが一同に会する機会は世界的にもそうはありません。

アカデミー受講生アカデミー聴講生の募集は4月15日より。みなさまのふるってのご応募・ご参加をお待ちしております!